仕事が出来るとか、資格持ってるとか、経験が長いとか、色々あるけど会社が一番気を使うのは個人で現場を持ってる警備員だと思う。

現場を持ってるって言うのは会社の指示で隊長をしている意味じゃなくて、取引先がその隊員にくっついてる事。

つまり、その隊員が会社を辞めたら、当然現場の人達も一緒に付いてく。

工事をするのにひと月で何十万も警備会社に入ってくるから会社としては頭が上がらない。期間も大体半年から一年。

それに比べたら交通誘導2級なんて全然大した事ない。

どんなワガママでも許されるって訳。発言力も増すね。

ただ、その為には仕事が出来るのは勿論、長年かけて信頼を築かないといけない。

これから警備をやる人は参考にしてみて下さい。