自分も「守る人がいれば仕事も長続きするんじゃないか?」とか「新卒で入った会社も辞めずに頑張れたんじゃないか?」と思っていた時期があった。

「好きな彼女と一緒に暮らしてセ●●スして子供が産まれてたら仕事が辛くても踏ん張れたんじゃないか?」と。

でも、それは大きな間違いでした。

どんなに頑張ろうが根の部分は変わらないと思う。ごまかしごまかしでやってくしかない。

いくら結婚して自分を追い込もうが、人には人の容量がある。

才能、能力、我慢など色々。

現に子供が居ても職を転々としてる男なんて珍しくない。

それどころか働いてない奴だって居る。

育児ノイローゼで子供を虐待して殺しちゃったり。

多分、こいつらって元々、何をやっても長続きせず、自分にも守る者があれば頑張れると背伸びしちゃったんでしょ。

他力本願ってやつ。他人に自分の人生を委ねてしまった。

気持ちは分からんでもないけどさ。結局自分の為に頑張れなきゃ他人の為に頑張るのは無理だと気付いた。

これは結婚に限った話じゃない。

どの仕事も3ヶ月とか半年で辞めて1年以上持たず、どうにか3年、5年続けようと、それを気合いとか自分の力で何とか出来ると思ったら大間違い。かつての自分だった。

精神論では直らない。

赤ちゃんを一晩中あやして眠れず、仕事に向かう父親も何でその生活に耐え切れたのかと言うと守る者があったからではなく、元から備わってる体力とか気力のお陰。

俺が言いたいのは、敢えて逃げれない環境を作り自分を追い込むのは良いが、だからって自分の持ってる以上の力は出ないって事。